読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日本留学の生活情報GUIDEーHOW TO

日本での留学生活でこんなことがわからない!という時に役立つ生活情報を教えちゃいます。

履歴書8つの項目の書き方ーアルバイト・就職活動編

就職活動

 

こんにちは、GATHER!のGENです。

今回は

「日本留学で働くときに必要な履歴書の8項目の書き方」

について説明します。

 

日本留学したら、アルバイトや就職をしたいですよね!

働く時に、必ず必要になるのが「履歴書」。

自分の国の「履歴書」はどんな項目がありますか?

日本では、経歴や経験も大事ですが、

・丁寧にかけているか

・誤字脱字はないか

・履歴書に汚れはないか

など、履歴書を通してあなたの”性格”を見ています。

自分をPRするための書類なので、きちんと書きましょう!

 

 

7つの項目について

 

今ではPCで履歴書を作成するのが主流ですね。

WEBから履歴書をダウンロードして、自分のPCで入力していくのが

一番簡単で、相手も見やすいです。

 

前は、えんぴつで下書きしてからボールペンで成書するのが

主流でしだったのでとっても時間がかかっていたんです。

今はスマホで作成なんでいうのもあります。

便利になったものですね。しみじみ。

 

 

インターネットで調べてみると、いろんな種類の履歴書がありますが

どの履歴書も、大きく分けて8つの項目が必ず必要になります。

 

1.「日付」

2.「名前・年齢」

3.「住所」

4.「写真」

5.「連絡先」

6.「学歴・職務経歴」

7.「志望動機」

8.「本人希望記入欄」

 

項目のポイントを、アルバイト・就職活動用に分けて

見てみましょう!

 

 

1.「履歴書ーアルバイト編」

アルバイトの履歴書は、経歴は重視されないですが、

週何回働きたい、場所などの自分の希望を書いておくと話がスムーズに進みます。

 

<履歴書の図>

 

1.「日付」

提出する日、またはポストに投函する日付で書きましょう。

 

2.「名前・年齢」

ローマ字の場合はフリガナを必ずふりましょう。

カタカナで書く場合は、フリガナはいらないです。

 

3.「住所」

今住んでいる住所を書きましょう。フリガナは漢字の部分まで!

パート名とお部屋の番号までちゃんと書きましょう。

 

4.「写真」

証明写真のサイズは「3cm×4cm」頭が切れてる写真はNGです。

裏に自分の名前を書いてからのりで貼り付けましょう。

 

5.「連絡先」

携帯を持っているのであれば携帯番号、E-mailアドレスを書いておくと丁寧です。

 

6.「学歴・職務経歴」

平成でも西暦でもどちらでも大丈夫です。日本では、古い経歴がら順番に書いていきます。

専門学校等に通っている留学生は、「○○学校 卒業見込み」と書きましょう。

 

7.「志望動機」

なんでその会社(お店)を希望するのかわかりやすく書きましょう。

趣味や経験を生かして何をしたいのか”熱意”が伝わるように書くことが大事です!

 

8.「本人希望記入欄」

自分の希望する、時間や週何回働けるのかを書くことも大事です。

沢山働いてほしいからって、お店の人の言われるがまま1週間で28時間以上働いてたなんてことになったら

visa資格を失ってしまいます!自分の希望はきちんと伝えましょう。

 

 

2.「履歴書ー就職活動編」

就職活動の時には、経歴や学校で何を学んだのか、

そして重要なポイントは、

◇志望する会社でどんなことがしたいか。

◇なぜその会社を選んだのか。

が会社側は見るポイントになります。

 

このポイントを答えられるようにするために、企業についてしっかり調べるのと

自分はどういう事がしたいのか、どうして日本にきたのかなど

自分の分析をすることがとっても重要です。

 

日本では、あなたの「○○がしたい!」という気持ちと、やる気や熱意を重視する傾向にあります。

この分析をまとめて、履歴書の志望動機に書けるようにしましょう!

%e5%b1%a5%e6%ad%b4%e6%9b%b8%e3%81%ae%e6%9b%b8%e3%81%8d%e6%96%b9-%e5%b0%b1%e6%b4%bb%e7%b7%a8%ef%bc%89

%e5%b1%a5%e6%ad%b4%e6%9b%b8%e3%81%ae%e6%9b%b8%e3%81%8d%e6%96%b9%e3%83%bc%e8%a3%8f%ef%bc%88%e5%b0%b1%e6%b4%bb%e7%b7%a8%ef%bc%89

1.「日付」

提出する日、またはポストに投函する日付で書きましょう。

 

2.「名前・年齢」

必ずローマ字で書き、フリガナを振りましょう。

 

3.「住所」

今住んでいる住所を書きましょう。フリガナは漢字の部分まで!

アパート名とお部屋の番号までちゃんと書きましょう。

 

4.「写真」

証明写真のサイズは「3cm×4cm」頭が切れてる写真はNGです。

裏に自分の名前を書いてからのりで貼り付けましょう。

写真のポイントは、

1.スーツを着ている写真であること、

2.歯を見せない、口を閉じてほほ笑むこと

3.帽子やアクセサリーはつけない

4.清潔感を感じるさせること

証明写真は、書類選考の時には、あなたの印象を決めるものになります。

きちんとした写真で撮りましょう!

 

5.「連絡先」

携帯を持っているのであれば携帯番号、E-mailアドレスを書きましょう。

日本の企業では、メールでの合否結果のやり取りが一般的です。

メールアドレスを持っていない人は、無料のメールアドレスを作りましょう。

こちらのサイトでは、無料のフリーメールを作れるものをまとめてくれています。

freesoft100

 

6.「学歴・職務経歴」

平成でも西暦でもどちらでも大丈夫です。日本では、古い経歴がら順番に書いていきます。

専門学校等に通っている留学生は、「卒業見込み」と書きましょう。

アルバイトは職歴には入らないので、「職歴なし」と書きましょう。

 

7.「志望動機」

履歴書の中で一番大事な部分です!

自己PRと一緒になっていることもあります。

志望動機の欄がない場合は、自己PRの箇所に志望動機を必ず書きましょう。

会社は、あなたが学校でどんなことを学び志望する企業で何をしたいのかなんでその企業を志望するのかを、聞きたいです。

他の企業でも通りそうな志望動機はNGです。

企業のHPをみて、”経営理念”とどんな事業を行っているのかを確認するようにしましょう。

 

8.「自己PR」

履歴書を書くことが、全体的に自己PRになるように書くのですが

この欄では、特に自分が何が得意なのか、何に努力してきたのか一番伝えたい事を書きます。日本人は努力する人が好きです。その自分の得意なこと、努力したことを、どうやって仕事に活かしたいのかを伝えるようにしましょう。

 

9.「本人希望記入欄」

ここでは、”貴社規定に従います。”と書くのが一般的です。

 

ここまで作れたら、準備は整いました。

あとは面接の練習をするのみ!

 

 

<便利に使えるツールを紹介>

今では、スマホやPCがあれば簡単に履歴書を作成することができます。

手書きよりも読みやすいので、便利に使えるアプリやサイトを紹介していきます!

 

履歴書作成アプリ

アルバイト求人サイトでもおなじみの、タウンワークから作られたアプリです。

書き直しができ、スマホで履歴書を作れるのも便利ですね。

 

履歴書フォーマット

無料で履歴書・職務経歴書のフォーマットをダウンロードできるサイトです。

WordかExclか自分の使いやすい方で、PCにダウンロードしておきましょう!

 

入学・卒業年度自動計算表

学歴を書く時に、自分の西暦を入力すれば、自動で計算してくれるサイトです。

計算機能に頼れば間違えがないので、必ず使いましょう♪

 

履歴書カメラ

履歴書用のカメラをアプリで作成!

コンビニで印刷できるし、証明写真が60円というのもうれしいです。

 

 最後まで読んでくれてありがとう!

GATHER!オフィシャルHP

gather-japan.net

 

これ読んでもわからなかったら、
まずは登録して、お問合せしてみて下さいね♪

登録へススム>>

わかるまで説明します。

ただし!

日本語で!!!

from GEN